裏側矯正TREATMENT

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正装置
歯の表側につける矯正装置よりずっと目立ちません

裏側矯正とは

歯の裏側に装置を付ける矯正治療で、舌側(ぜっそく)矯正、リンガル矯正とも呼ばれます。一般的な矯正治療ともっとも異なるのは、装置を付ける位置です。歯の裏側に装置を装着することで目立たなくなり、他の人からは矯正治療中であることもわかりづらくなります。見えにくい装置の中でも特に目立たない治療法なので、矯正治療中であることを知られたくない、口元が気になる、という方におすすめです。
一方で、常に舌が装置に触れるので発音に支障が出る可能性がある、適応症例が限られる、といった注意点があります。

裏側矯正のメリット・注意点

ハーフリンガル

主に、上の歯だけを裏側矯正にする治療法

ハーフリンガルとは

歯は上下に分かれていますが、人と話しているときに目に入るのは、ほとんどが上の歯です。
ハーフリンガルは、下の歯は表側矯正にし、上の歯だけを裏側矯正にする治療です。口を開けたときに下の歯があまり目立たない方は、表側に矯正装置を付けていても気づかれにくいことがあります。ハーフリンガルは上下の歯を裏側矯正にするよりも低価格になるだけでなく、舌触りの違和感も少なくなるので、下の歯が見えにくいという患者様に最適な治療といえます。

ハーフリンガルのメリット・注意点

なんでも相談してください

  • 料金のこと(総額・分割払いなど)
  • 抜歯は嫌だ!
  • 目立たない装置を見てみたい
  • 一度、専門医の話を聞いてみたい
お問い合わせ・ご予約はこちら
03-5944-1800

院長
油井 徹