見えにくい表側矯正TREATMENT

見えにくい表側矯正(マルチブラケット)

従来のような金属の矯正装置よりずっと目立ちません

見えにくい表側矯正とは

一般的な表側の矯正装置(マルチブラケット)は金属製で銀色をしているため、口を開けたときに目立ってしまうというデメリットがあります。 同じ表側矯正でも、矯正装置が白いものなどを使用することで歯の色と区別がつきづらくなります。矯正装置は、歯に装着するブラケットと、ブラケットに通すワイヤーで構成されていますが、ブラケットとワイヤーを目立たないものにして組み合わせることで、見えにくい矯正を実現します。

目立ちにくいワイヤーの併用

マルチブラケットはブラケットとワイヤーのどちらも目立たないものにすることで、他の人からは装着していることを気付かれにくくなります。
ホワイトワイヤーは、その名のとおりワイヤーが白いものです。歯の色に近いので目立たなくなります。ジルコニアブラケットなどと組み合わせることで、外からはほとんど装着していることがわからなくなります。ピンクゴールドと呼ばれるワイヤーも同様に、従来の銀色のワイヤーに比べるとはるかに目立たなくなります。

ホワイトワイヤーによる結紮(けっさつ)


ホワイトワイヤー
による結紮

ブラケットにワイヤーを固定するものを結紮(けっさつ)とよびます。
多くの矯正歯科医院では短時間で簡単に結紮ができるオーリングという直径数ミリの小さな輪ゴムを使った結紮方法がとられています。オーリングはワイヤーに比べ太く着色しやすいのが特徴です。
当院ではより目立たなくさせるために、ゴムではなく、白いワイヤーを使って結紮します。
【ワイヤー結紮の特徴】
  • ・目立たない
  • ・厚みが少ない
  • ・締めつけを調整できる

見えにくい表側矯正のメリット・注意点

なんでも相談してください

  • 料金のこと(総額・分割払いなど)
  • 抜歯は嫌だ!
  • 目立たない装置を見てみたい
  • 一度、専門医の話を聞いてみたい
お問い合わせ・ご予約はこちら
03-5944-1800

院長
油井 徹