矯正治療・抜歯について【板橋区役所前ゆい矯正歯科】

平日 10時~20時 土日(不定期)~18時 月・祝休診

抜歯することがあるの?

当院では患者様の同意が無い限り抜歯をすることはありません。しかし、スペースが無い場合など抜歯をした方が良いケースでは抜歯をすることがあります。

抜歯をするかどうかは大変慎重に考える必要がある問題です。

スペースが無い場合


before


after

 

抜歯を考えるのはスペースが無い場合です。

そのままでは歯が綺麗に並びません。 この症例では患者様の同意のもと小臼歯を抜歯しました。

抜歯したあとの状態を見ても違和感もなく、また機能的にも問題がありません。小臼歯は通常片側に2本存在し1本抜いても機能、見た目に影響がありません。


非抜歯顎拡大の場合の悪い例


抜歯の場合

顎を拡大することで歯を並べることが可能になるケースもあります。しかし、顎を広げてしまうことで口元がもっさりと広がってしまうような方もいらっしゃいます。他院で、こうした説明もなく非抜歯で治療をしてしまい、結果に満足いかないという患者様もいらっしゃいました。

もちろん、当院では顎拡大装置により非抜歯でもきれいに治療出来た患者様もいらっしゃいます。

どちらが良いかはレントゲン写真や科学的分析する必要がございます。一度、検査にお越しください。

どの歯を抜くの?

基本的には2本ある小臼歯のうち

・むし歯になっている方

・大きさ

・移動距離

を考えて選択します。歯の機能を考えた結果、小臼歯は抜いても機能的に一切問題がありません。

将来的に抜けてしまいそうな歯や既にブリッジになっている歯などがある場合はその歯を抜歯することもあります。

治療方法は患者様が納得いただける方法で行います。

歯が抜けてしまった方、抜けてしまいそうな方

ブリッジ予定で矯正も考えている方は一度ご相談にお越しください。ブリッジせずに歯を並べることで抜けた歯の隙間を無くすことができるかもしれません。

非抜歯の為に顎を広げる方法

顎を広げスペースを作ることで非抜歯治療が可能な場合もあります。横や縦、奥に広げる装置など、さまざまな装置があります。 お子様のうちに早く治療を開始することで装置での誘導効果が高まります。当院では顎を拡大する装置の利用で追加料金はいただいておりません。

 

非抜歯の為のインプラント矯正

いわゆる歯科用の大きなインプラントとは違い、ごく小さな直径2mm、長さは6-8mm程度のインプラントを支えにして歯を誘導しスぺースを作る方法もあります。歯を奥に動かすこともできるので、非抜歯のためにも有効な手段です。

治療方法は患者様が納得いただける方法で行います。


 

相談予約電話

院長
油井徹

矯正無料相談実施中予約受付電話番号

無料相談について

新規OPENにつき初診相談無料です。